トップ > NZLovers スタッフコラム > NZで作る超本格インド料理

NZで作る超本格インド料理

こんにちは、NZLoversスタッフです!
今回はニュージーランドのNZで作る超本格インド料理をご紹介。

前回「NZで味わう超本格インド」という事でインドレストランTamarindのレビューを 書かせていただきました。実はあれからまだインドを引きずっておりまして…
今回は「NZで作る超本格インド」、私自らインド料理を作ってみました。
ちなみにインド料理の材料やスパイスは簡単に手に入れられます。
(私の住む地域では日本食や中国料理の材料を探すほうが難しい)
しかもインドの方々が経営しており、母国にいらっしゃる家族を使ってインドから 輸入しているわけで本格的な材料+かなり安価でお目にかかれますよ。
だから空港でスーツケース、スパイスでいっぱいにした人が通関で足止めくらってるのよく 見るんですね…

今回作るのは「バターチキン」と「ナン」です。

用意する材料はこちら。
【チキン】
800g 鶏もも肉(皮・骨抜き)3〜4cmにぶつ切り
2片 にんにく(すりおろし)
2cm 生姜(すりおろし)
小さじ1/2 塩
小さじ1/2 チリパウダー
大さじ1 1/2 レモン汁
75g ヨーグルト
小さじ1/2 ガラムマサラ
小さじ1/2 ターメリック
小さじ1 クミンパウダー
大さじ1 油(塗るよう)

【ソース】
大さじ1 1/2 溶けバター
2片 にんにく(すりおろし)
2cm 生姜(すりおろし)
1コ カルダモン(皮はとり中の種を砕く)
2コ クローブ(砕く)
小さじ1 コリアンダー粉
小さじ1 ガラムマサラ
小さじ1 ターメリック
小さじ1 チリパウダー
175ml トマトピューレ
大さじ1 レモン汁
140ml 生クリーム

コリアンダー 飾り用

【ナン 4枚分】
100ml 水
小さじ1/2 砂糖
大さじ1/2 イースト
115g 強力粉
110g 薄力粉
小さじ1/4 塩
小さじ1/2 ベーキングパウダー
大さじ1 ヨーグルト
大さじ1 溶けバター

油(塗る用)

ではバターチキンからトライしてみたいとおもいます。

チキンはぶつ切りにして、【チキン】の分量内のにんにく、生姜、塩、チリパウダー
を混ぜ込み30分冷蔵します。
チキンはぶつ切りにして、【チキン】の分量内のにんにく、生姜、塩、チリパウダー
30分後に取り出し、ヨーグルト、ガラムマサラ、ターメリック、クミンパウダーを
混ぜ込み、3時間ほど冷蔵庫で休ませましょう。

オーブンのトレイに並べて180度に予熱したオーブンで10分焼成します。
更にハケで油をチキンの表面に塗り、肉をひっくりかえして更に10分焼成。
オーブンのトレイに並べて180度に予熱したオーブンで10分焼成します

こちらは【ソース】の分量内のスパイス。
こちらは【ソース】の分量内のスパイス。

中火で熱したフライパンにバターをいれて、にんにくと生姜を1分炒めたらスパイスをいためます。
1分〜2分程でスパイスの香りがたちこめてきます。
更にトマトピューレ、レモン汁をいれてよく混ぜたら鶏肉もいれます。
よーくコーティングしましょう。
更に生クリームを入れて塩で味付けをします。コリアンダーを飾れば出来上がり。
更に生クリームを入れて塩で味付けをします。コリアンダーを飾れば出来上がり。


こんな感じに焼けます

次にナンを作ってみたいと思います。
ホームベーカリーがあれば、とーっても楽チンですが手捏ねでも勿論作れます。

(1)【ナン】の材料を全てホームベーカリーにいれて生地モードでスイッチON!
※ホームベーカリーがなければ捏ね、一時発酵まで済ませてください。

ホームベーカリーから生地をとりだし、4分割にします。
打ち粉をしたら、図の通りに手で平たくして、親指で先を押さえながら伸ばします。
5mmぐらいが丁度よいですよ〜。
水滴のような形にするとインド料理っぽいですね。

220度にオーブンを余熱します。オーブン内でトレイも一緒に余熱してあっためましょう。
トレイの上に伸ばした生地を置いて4分〜5分焼成します。
ぷっくーり持ち上がって、色が少しついているぐらいが美味しそうです。
出来上がり!
出来上がり!
なかなか美味しかったです!
私はダイエットするつもりで胸肉を使ってしまったのですが、
やっぱりパサついてしまって、バターチキン特有のジューシーなチキンに絡む
クリーミーなソースが表現できなかったのが後悔です…
スパイスですが、日本よりも断然安価なのでスパイスを多用するインド料理や中東料理を
よく作るなんて方はニュージーランドに行く予定があれば是非買っていってほしいです。

◇ 暁 春眠(あかつき しゅんみん)◇
ニュージーランドでイラストレーターとしてご飯食べてます。
なんとかなるだろう精神で永住権を取得しちゃったカメラ女子。
甘い物に目がなく、日々お菓子とパン作りに情熱を注いでいます。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。
店舗等の都合や現地の事情により、 現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

【バックナンバー】
  • NZのインドレストラン
  • キウイ流パイの作り方
  • NZおもしろ写真特集!
  • 毎週日曜開催! アボンデールのファーマーズマーケット
  • ニュージーランドでのカーライフ
  • 憧れ?!スカイタワーのカジノ
  • EDMONDSのホットケーキを作ってみました!
  • デポンポートでセグウェイ体験!!
  • Tast Of Waiheke 日帰り旅行で初レポートしちゃいましたSP