観光・アクティビティ
エリア

種類

有料/無料


車椅子での参加



ニューランドラウンド記

トップ > 観光・ゴルフ・アクティビティ情報 > トレッキング

トレッキング情報

ニュージーランドの大自然は雄大かつ繊細。そして、現実のものとは思えないほど美しい風景に満ちています。そんな大自然にふれたいなら、やはりトレッキングがおすすめ。 国内には実に多くのトレッキングコースがあり、世界各国の人々を魅了しています。

ニュージーランドのトレッキング事情とは?

ニュージーランド概要登山経験がある方や体力に自信のある方なら、この国のトレッキングを快適に楽しめることでしょう。日本の山の縦走などに比べるとフラットな谷を歩くコースがたくさんありますし、夏(12〜2月頃)は、日没が遅いので早起きする必要もありません。

また、山道の渋滞もなく、熊や蛇など危険な動物もいませんから、360度広がる桃源郷のようなパノラマを、のんびりとひとり占めできます。ただし、体力づくりと装備は万全にしておきましょう。雨具、ザックカバー、予備の着替えや防寒具は必携です。

人気コースはミルフォード・トラックとルートバーン・トラック

ミルフォード・トラック(Ultimate Hikes主催)
最も有名なコース、といえば、やはりミルフォード・トラックです。フィヨルドランド国立公園内にある全長53.5kmのコースで、自然保護の観点から入山規制がありますが、それだけに道中で見られる風景は格別のもの。
3泊4日の行程では、鱒が気持ちよさそうに泳ぐクリントン川の清流、目にも鮮やかな黄緑色の苔が地面を覆う原生林、マッキンノン峠から望む山々と氷河の谷の絶景など、忘れられない風景に出会えます。


より大きな地図で NZ ミルフォードトラック[UltimateHikes] を表示
コース一覧

ルートバーン・トラック(Ultimate Hikes主催)
また、全長32km、2泊3日のルートバーン・トラックも人気のコースです。山と谷を交互に歩くためアップダウンはありますが、高層湿原帯やブナ の森、澄み切ったマッケンジー湖、ダーラン山脈の大パノラマに迫力のルートバーン滝など歩くほどに見どころが現れ、トレッカーを飽きさせません。

より大きな地図で NZ ルートバーン[UltimateHikes] を表示
コース一覧

どちらのコースもシーズンは11月〜4月下旬。挑戦するなら、日本発着のトレッキングツアーや現地発のガイド付 ウォークへの参加がおすすめです。

ミルフォードは前泊、後泊を含め5泊6日を要しますが、ガイド付ウォーク専用の山小屋では、食事やワイン、お弁当に午後 のお茶まで用意してもらえますので重い荷物をかつぐ必要がありませんし、ガイドから樹木や風景についての解説が聞けますから、自然の理解度や面白さも倍増 します。

もちろんケガや悪天候などトラブル時の対応も万全。しかも山小屋にはベッドを備えた個室、シャワーや乾燥室も完備されており、至れり尽くせりで す。

ショート・ウォーク(トレッキング:日帰り)

ニュージーランドが誇る有数の景勝地を歩く「ショート・ウォーク」。これら5つのコース は、1〜4時間ほどかけて歩く、比較的しっかりとしたウォーキングとなりますが、歩いた分だけ出会えるものも変わってきます。

ニュージーランド固有の可憐で美しい高山植物、珍しい野鳥。太古の姿を今なおそのままに残した、威風堂々たる自然の風格。五感が研ぎ澄まされていく ような、神秘的な空間。生まれたままの地球に対面したような神々しい世界。そんな出会いが待ち受けているこれらのコースでさえも、ここニュージーランドで は身近な存在です。自然の懐に抱かれながら、ニュージーランドの魅力を心と体で体感してみませんか。
コース一覧

散歩道(トレッキング:散歩)

「散歩道」では、そんなニュージーランドの恵まれた環境を生かしたコースが多数あります。各エリアの中心部にある宿泊先から往復2時間程度の軽いウォーキングで、この国の持つ美しい景観を十分に堪能できるおすすめコースです。

どのコースも、アップダウンのほとんどない平坦なルートとなっているため、初心者や体力に自信のない人でも無理なくウォーキングが楽しめます。また、特別なガイドを必要としなくても楽しむことができるコースなので、自分の目線と自分のペースに合わせて時間を過ごすことができます。

朝の散歩に、日中の街歩きに、夕暮れのひとときに、思い思いにニュージーランドの美しさを満喫してみてはいかがでしょうか。
コース一覧

世界中のロングステイをサポート

あの国.com

大学留学.net

高校留学.net

インターンシップ

ワーキングホリデー 個別相談予約